埼玉県 秩父市の山奥で身も心も癒される宿坊体験「天空の寺 大陽寺」 – ORICON NEWS



埼玉県秩父市の山々に囲まれた場所にある大陽寺。手軽に宿坊体験が楽しめるとあって日本経済新聞の全国の宿坊ランキングで1位を獲得するほどの人気ぶり。近年では外国人も多く訪れる注目の宿坊です。
緑に囲まれた中で座禅や写経、瞑想まで。それは日常では味わえない心穏やかなひと時です。

東京から3時間、携帯も繋がらない埼玉の秘境

写真:Takamatsu Miiko

標高800mに位置する大陽寺。背には山々、前は深い谷があり見渡す限り大自然が広がっています。
この大陽寺は鎌倉時代後期に創建されました。この山を開山した仏国国師は後嵯峨天皇の第三皇子として京都に生まれた高貴な人物。国師は当時争いの絶えなかった都を離れ、争いとは無縁のこの場所に身を置き、大自然を教本として修業をしたのでした。
そんな歴史が詰まった大陽寺で何年もの時を超えて国師と同じ景色を眺めることができるのです。
大自然と多くの歴史を抱えたこの大陽寺はまさに埼玉の「秘境」と言えるでしょう。

写真:Takamatsu Miiko

禅を体感しよう

写真:Takamatsu Miiko

大陽寺では禅を通してありのままの自分に気づく時間を大切にしています。
まずは畳に正座をして写経を体験しましょう。全ての字を書き終えるには早い人で20分、長いと1時間ほどかかる人もいます。書いている間は、それだけに集中することを目指します。普段の生活ではいろいろなものが目に入ってきたり心配事があったりと、一つのことに集中するという時間が少ないかもしれません。だからこそお寺という普段と異なる環境に身を置き、「書く」という一つのことに集中する時間は貴重な体験となるでしょう。

写真:Takamatsu Miiko

座禅は座禅堂と呼ばれる部屋で行われます。警策で叩くのは希望した人のみなので、はじめて座禅をする方も挑戦しやすいでしょう。
またこの座禅堂からの景色は絶景で、この景色を前にして行う座禅は心を穏やかにしてくれます。

写真:Takamatsu Miiko

読経は専用のお堂で行われます。とても迫力のある読経で、はじめての方はその迫力に驚かれるかもしれませんがぜひ体験してみることをお勧めします。
21時頃に行われる法話の時間には、住職から禅や精進料理、仏教、心の持ち方などについて聞くことができます。また住職は悩み事の相談にも真摯に向き合ってくださります。

心も体も喜ぶ絶品精進料理

写真:Takamatsu Miiko

精進料理というと、シンプルで味気なさそう。そんなイメージを持つ人も多いかもしれません。しかしここ大陽寺で頂ける精進料理は素材の味を存分に生かした、ついついおかわりしたくなるような味わい深い美味しいお料理です。
ひとつひとつのお料理はシンプルでありながら、それらが組み合わさることによって目で見ても楽しく、また一品一品をしっかりと味わえる。そしてそんな時間がとびきりの贅沢です。

写真:Takamatsu Miiko

また、精進料理は宿泊者全員で一斉に頂くので美味しいご飯とともに初めての人とも会話が弾む時間になるでしょう。そんな時間も宿坊体験の醍醐味です。
お天気の日には縁側で太陽の光を浴びながらの食事もでき、ご飯もより一層美味しく感じます。

大自然の恵み

写真:Takamatsu Miiko

大自然の中でのお楽しみも盛りだくさんです。
夜は住職お手製の露天風呂から、都会では見ることのできない満天の星空を望むことができます。温かいお湯に浸かりながら星空を眺める時間はなんとも贅沢です。
朝は山の澄んだ空気とともに朝日を浴びながらのお散歩を楽しんでみましょう。
また定期的に「天空のヨガスタジオ」と題してヨガトリートや瞑想を体験できるイベントも開催しています。朝のさわやかな空気の中で行う朝ヨガやキャンドルを囲んでの瞑想といった素敵なプログラムとなっています。ぜひ事前にイベント情報についてHPでチェックしてみて下さい。

大陽寺の基本情報

住所:埼玉県秩父市大滝459
電話番号:0494-54-0296
アクセス:秩父鉄道三峰口駅より車で約25分。宿泊の場合は三峰口駅から送迎も可能。(要予約)
宿坊体験は要予約で1泊2食付き9000円。
混雑時は相部屋になる場合があります。
2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
太陽寺HP
http://www.taiyoji.com/

【トラベルjpナビゲーター】
Takamatsu Miiko




こんな記事もよく読まれています