是永 瞳さん(女優) 豆乳とこうじで美貌保つ お店の料理を自宅再現 – 日本農業新聞



 年、「ミス美しい20代コンテスト」でグランプリに選んでいただき、芸能界に入るためちょうど1年前に上京しました。

 出身は大分県で、小学6年生の時から空手を始め、糸東流の三段です。体重はマックスで68キロありました。お母さんの作る料理を何も気にせずにどんどん食べていたからです。

 今、体重は50キロを切っています。朝と昼とを合わせてしっかりいただきますが、夜は豆乳とこうじを混ぜて飲むだけです。自分でこうじを使ってお酒も砂糖も入っていない甘酒を作って、豆乳で割るとおいしいんですよ。

 一人暮らしをしてみて、改めてお母さんの料理のおいしさを感じました!(笑)私もお母さんが作るのを見ていたので、料理はすごく好きです。

 京はすてきなお店がたくさんあります。おいしかった料理は、家でまねて再現します。

 会社の方に中華料理屋さんに連れて行ってもらった時、アワビとかすごい料理が出てびっくりしました。殻から外してシンプルに焼いていて、塩で食べました。おいしかったなあ(笑)。

 再現したくても、アワビは高くて自分で買えないので、似た食材を探したんです。結局、使ったのはコンニャク(笑)。一回軽く冷凍して水分を抜くと、食感が似てくるんです。

 最近、タイ料理にはまってしまって。実家は大分駅まで車で2時間かかるところなので、タイレストランのようなしゃれた店はないんです。東京にはタイ料理のお店がたくさんあるので、本当に幸せです。

 タイフェス(5月に代々木公園で開かれたタイ・フェスティバル2017)の時は、連日10時の開始と同時に行きました。プーポッパンカリーというソフトシェルの卵カレー、パッシーユという焼きそばみたいな麺がおいしくて。代々木公園で一人黙々と食べました。

 私は街歩きも大好き。ちょっと小道を入って、趣のある歴史を感じる商店街があるとうれしくなります。すごく汚い中華料理屋さんが、実はとてもおいしいとか、自分しか知らない情報を得られるんですよね。そのお店に毎週通い、レバニラ定食を食べています。

 お仕事の方は、「ドクターX~外科医・大門未知子~」で女優デビューしました。撮影が始まるまで、西田敏行さんとか遠藤憲一さんとか、すごくぶっきらぼうで怖い人なんだろうというイメージがあったんですけど(笑)、全然そういうところがなく、新しく出演する人をすごく気にかけてくれるんです。

 西田さんは端の方に立っていた私に「大丈夫?」って声をかけてくださいました。遠藤さんや鈴木浩介さんは、メークルームで明るく笑顔で話しかけてくださいます。西田さんは先日、シュークリームの差し入れをしてくださいました。出演者の分だけでなく、スタッフ全員に回るだけのたくさんの量でした。

 ういえば、ドラマの記者会見では、勝ったら銀座の高級店のステーキを食べられるというゲームがありました。私、ゲームは負けたんですけど、裏で一口いただけることになったんです。「1キロで18万円です」と発表されていたから、キャーーッ、この一口で幾らになるんだろうと思いながらいただいたら・・・本当に口の中が大洪水になるくらい肉汁があふれてきて、びっくりしました。

 改めて、自分は恵まれた環境にいると感じました。なんとか女優として頑張っていければと思っています(聞き手・菊地武顕)

 <プロフィル> これなが・ひとみ

 

 1995年大分県生まれ。身長173センチ。「第1回ミス美しい20代コンテスト」で応募総数4万18人の頂点に立ち、芸能界入り。TOKYO2020オリンピック空手スペシャルアンバサダーに就任。放送中の「ドクターX~外科医・大門未知子~」で院長の秘書として女優デビュー。




こんな記事もよく読まれています