山本二三さん新上五島取材 – 長崎新聞



頭ケ島天主堂を取材する山本さん=新上五島町
頭ケ島天主堂を取材する山本さん=新上五島町

 五島市出身で「火垂るの墓」などジブリ作品の背景画を多く手掛けたアニメーション美術監督、山本二三さん(63)=埼玉県飯能市在住=が9日、今月25日に東京で開かれる新上五島町のPRイベントのため町内の教会などを巡り、写真撮影など取材をした。

 イベントは、新上五島町とパートナーシップ協定を結ぶ「際コーポレーション」(東京)と同町が主催。今回撮影した写真を紹介し、山本さんが解説するなどして町をPRする。

 友住郷にある国指定重要文化財、頭ケ島天主堂では、山本さんは外観や教会内部を撮影し、建築の特徴などについても説明を受けた。漁港や自然の風景もカメラに収め、地元住民から島の魅力について話を聞いたという。山本さんは「新上五島町を訪れたのは初めてだが、雄大な自然や教会の美しさに圧倒された」と話した。

 山本さんは来年3月、五島市に「山本二三美術館」(仮称)を開設予定。今回の取材などを基に描いた五島列島の風景画も展示する。




こんな記事もよく読まれています