モンゴル当局が五島市視察 東京五輪キャンプ地選定 [長崎県] – 西日本新聞



 2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ地選定のため、モンゴルの政府関係者2人が14日、五島市のスポーツ施設などを視察した。五島市をマラソンと空手のキャンプ地と想定しており、市の担当者から施設や環境の良さについて説明を受けた。

 市スポーツ振興課によると、県が昨夏からキャンプ地の誘致に向けてモンゴルと交渉し、陸上実業団などのスポーツ合宿が盛んな五島市に着目したという。

 訪れたのは同国教育文化科学スポーツ省のツァガーン・オドンバヤル副長官ら。陸上競技場や足への負担が少ない走り込みができるゴルフ場、武道館などを視察した。2人は「自然も美しく施設も充実している。有力な候補地の一つで、文化や教育面でも交流する道を開いていきたい」と評価した。市スポーツ振興課は「もてなしの機運を高めるなど、市民挙げて受け入れ態勢を整えていきたい」と話した。

=2017/03/15付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。




こんな記事もよく読まれています