松浦・防府市長が引退を正式表明 – 産経ニュース



 全国市長会の会長を務める山口県防府市の松浦正人市長(75)は24日、来年6月の任期満了に伴い実施される市長選に立候補しない意向を正式に表明した。

 松浦氏は定例の記者会見で「立派な後継者を得た今が一番のタイミングだ」と述べ、後継に村田太副市長(60)を指名した。

 松浦氏は防府市議、山口県議を経て、平成10年に防府市長に初当選し、現在5期目。今年6月、全国市長会長に就任した。




こんな記事もよく読まれています