ハタプロ、LPWA通信を利用した農業IoTデバイス接続実証実験を実施 – fabcross




ハタプロは、セラクや長崎県南島原市と共同で、LPWA通信による農業IoTデバイスの接続実証実験を実施した。

ハタプロは、NTTドコモと共同でIoTプロダクトの事業化支援サービス「39Meister」を運営しており、今回の実証実験は、39Meisterで開発したLPWA送受信機およびゲートウェイ装置を使用している。

実験が行われた南島原市は、高低差のある土地が多いために大規模な農場運営が困難で、小規模な圃場で生産する生産者が多いという。また、圃場の見回りなどの労力が大きいため、IoT活用による農場運営の効率化が求められてきた。

農業IoTサービス「みどりクラウド」を提供するセラクは、2016年に「南島原農業IT研究所」を設立。南島原市と共同でIoTによる農業の効率化の研究開発を行ってきており、これまで複数の農家で、みどりクラウドを導入した圃場環境モニタリングデータの収集/活用を進めている。

これまで携帯回線網を用いてデータ転送を行ってきたが、電源や3G回線電波の確保という制約があった。この課題を解決するため、省電力広域通信技術であるLPWA通信に注目し、みどりクラウドで使用するデータ収集端末「みどりボックス」にLoRa/LoRaWAN装置を組み込み、実用性実験を行うこととした。

実験は2016年12月に行われ、通信距離350/1500mの2パターンにおいて商用運用を前提としたLPWA通信が安定的に実現されていることを確認した。また、土地高低差を考慮した通信エリア化も、アンテナ設置場所の最適化や各種パラメータのチューニングを施すことにより、商用運用が見込めることを確認した。

今回の共同実験に参加した3者は、今後同市内の農家を広くカバーするLPWA通信網を構築し、圃場環境モニタリング、データ収集、利活用を推進/効率化することによって、同地区の農業生産性向上を支援していく予定だ。


関連情報

おすすめ記事

コメント


こんな記事もよく読まれています