JTB九州、佐世保市と包括連携協定、着地型商品の開発など – トラベルビジョン



 JTB九州は3月23日、長崎県佐世保市と観光振興に関する包括連携協定を締結する。JTBグループは地域交流事業、佐世保市は地域資源を活用した観光振興に注力しているところで、今回の協定締結により質の高い観光地を作り、地域経済の活性化をめざす。

 両社は今後、佐世保市への来訪者の滞在時間の増加や、観光消費額の拡大に向けて、「着地型旅行商品のブラッシュアップと開発」「DMOの形成と活動支援」「地域のマーケティングおよびプロモーション」「地域コンテンツの効率的かつ効果的な販売促進」の4点で連携。今後、取り組む案件や具体的な実施方法の検討を進める。

 両社は3月23日、福岡市内で同協定の締結式を開催する予定。締結式にはJTB九州代表取締役社長の古田和吉氏、佐世保市長の朝永則男氏などが出席する。




こんな記事もよく読まれています