護衛艦「あまぎり」ソマリア沖へ、佐世保出港 – 読売新聞



 ソマリア沖・アデン湾の海賊に対処するため、海上自衛隊の護衛艦「あまぎり」が6日、母港の佐世保港(長崎県佐世保市)を出港した。

 海賊対処派遣の第28次隊で、乗員は海上保安官を含め約220人。2、3週間後に現地に到着し、商船の護衛などにあたる。あまぎりの派遣は2009年、14年に次いで3回目。

 倉島岸壁で行われた出国行事では、宮沢博行・防衛政務官が「各国と力を合わせ、任務を遂行してほしい」と訓示。家族ら約500人が手を振って見送った。




こんな記事もよく読まれています