長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】稲田防衛相が佐世保市を訪問 … – 長崎新聞



朝長市長らとの懇談であいさつする稲田防衛相=佐世保市役所
朝長市長らとの懇談であいさつする稲田防衛相=佐世保市役所

 稲田朋美防衛相は12日、佐世保市を訪れ、市役所で朝長則男市長らと意見交換した。今月北朝鮮が在日米軍への攻撃訓練として、弾道ミサイルを発射したことを受け、米海軍佐世保基地があることから朝長市長は対応の強化を要望。稲田防衛相は「しっかりやっていく」と答えたという。

 懇談は冒頭を除き非公開。終了後、取材に応じた朝長市長は「(北朝鮮は)今回『米軍基地のある所』と特定している。国がしっかり対応するとの覚悟を示していただいたので、了としたい」と語った。

 また懇談の冒頭、稲田防衛相は、来年3月に水陸機動団が新編されることに触れ「佐世保の重要度は増してくる」とあいさつ。新編に絡む工事の着手が遅れていることについては「できるだけ早く着工したい」との認識を示したという。

 防衛相は、佐世保が母港の海上自衛隊の掃海艇「やくしま」から海に転落し、殉職した20代の男性隊員を追悼する「葬送式」に参列するため来県。海自の船で佐世保港内も視察した。




こんな記事もよく読まれています