民進党・前原代表、長崎市内で第一声 安倍政権は「責任逃れ解散だ」/衆院選 – サンケイスポーツ



 無所属で立候補した前原誠司民進党代表は10日、長崎市内で第一声を上げた。安倍首相による臨時国会冒頭での衆院解散を巡り「森友、加計学園問題を国会で追及されたくない責任逃れ解散だ。身勝手な安倍政権を続けさせると日本のためにならない」と訴えた。希望の党公認候補の応援で長崎市を訪れた。

 同じく無所属で立候補した小沢一郎自由党共同代表は、「自民党の過半数割れを実現して、安倍政権は何としても交代させなくてはいけない。その一点で訴えたい」と東京都内で記者団に語った。自由党は野党共闘を優先し、衆院選での候補者擁立を見送った。




こんな記事もよく読まれています