約2600万円を不正受給…指定取り消しへ(長崎県) – 日テレNEWS24



約2600万円を不正受給…指定取り消しへ
(長崎県)

長崎市で障害者支援を行う事業所が給付金を不正に受給していたとして指定取り消し処分を受けた。

処分を受けたのは長崎市で障害者の就労支援を行う多機能型事業所「ミント」。「ミント」は2013年2月から去年9月にかけ利用者が施設を利用した日数を実際より多く申告し、長崎市や時津町などからあわせて約2660万円を不正に受給していたという。市は運営する事業者に対し不正に請求された給付金の返還を求めている。



[ 8/15 15:41 長崎国際テレビ]

こんな記事もよく読まれています