ニホンカワウソの可能性低い長崎・対馬で環境省調査 – 京都新聞



 長崎県・対馬で2月に赤外線カメラで撮影されたカワウソ(琉球大動物生態学研究室提供)
 長崎県・対馬で2月に赤外線カメラで撮影されたカワウソ(琉球大動物生態学研究室提供)

 環境省は12日、国内で38年ぶりにカワウソが確認された長崎県・対馬で8~9月に本格調査して採取したふんから、7月の前回調査に続き、雄のユーラシアカワウソのDNAを検出したと発表した。解析の結果、韓国やロシア・サハリンのカワウソと近縁であることが明確になったとしている。絶滅したとされるニホンカワウソが生き残っているか注目されたが、調査チームは「可能性は低い」とした。

 カワウソのふんは4個見つかり、川岸に幅5センチほどの足跡があった。チームの佐々木浩・筑紫女学園大教授(動物生態学)は環境省で記者会見し「海流に流されてやってきたのかもしれない」と述べた。

【 2017年10月12日 19時11分 】

ニュース写真

  •  長崎県・対馬で2月に赤外線カメラで撮影されたカワウソ(琉球大動物生態学研究室提供)

京都新聞デジタル版のご案内

環境・科学のニュース


こんな記事もよく読まれています