ツール・ド・ちゃんぽん 自転車で長崎の景色と食を楽しむ(長崎新聞)



 サイクリングしながら長崎の景色と食を楽しむ「第6回ツール・ド・ちゃんぽん」が23日、長崎市の伊王島海水浴場を発着点とする3コースで開かれ、参加した350人が爽やかな汗を流した。

 自転車人口増加と地域活性化を目的に、県内の自転車愛好家らでつくる実行委(坪田洋一郎会長)が開催。昨年の第5回までは西海市内を主とするコースだったが、今回は世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である端島(軍艦島)を望む長崎市南部を選んだ。

 エキスパート(80キロ)、ベーシック(55キロ)の両コースは伊王島大橋を通って野母崎方面へ南下。参加者は自然や風景を楽しみながら、コース途中にある四つの「エイドステーション」で、カステラやハトシなど長崎名物の食べ物を頬張った。

 伊王島と香焼を巡るファミリーコース(25キロ)を完走した西大村小5年の山本菖蒲君(11)は「橋から見た海の眺めが最高だった」と笑顔で話した。

長崎新聞社



【関連記事】


こんな記事もよく読まれています