[球蹴男児U-16リーグ]長崎南山に2点差追いつかれるも、鹿児島城西が失点直後の赤谷V弾で最終節勝利! – エキサイトニュース



鹿児島城西高DF赤谷稜平(右)は決勝点を決めた
[10.8 球蹴男児U-16リーグ第17節 鹿児島城西高 3-2 長崎南山高 垂水市多目的広場]

 九州の強豪18チームが優勝を争った「2017 球蹴男児U-16リーグ」は8日、最終節を行い、鹿児島城西高(鹿児島)が長崎南山高(長崎)に3-2で勝利。鹿児島城西は6位、長崎南山は15位でリーグ戦を終えた。

 FW池田真太朗の弾丸ミドルなどで攻める鹿児島城西は前半12分、右CKが相手オウンゴールを誘って先制する。その後もMF藤田啓太朗を起点にボールを左右へ大きく動かして攻める鹿児島城西は左MF西田崇人の縦への仕掛けなどから2点目のゴールを目指す。

 一方、後方から正確にボールを繋いで攻める長崎南山は、前半終了間際に左MF浦匡佑の右CKからDF出口瞬平が決定的なヘッドを放つなど反撃。だが、後半3分にも鹿児島城西FW池田に決められて2点を追う展開となってしまう。

 鹿児島城西はSB、CBでスピード、コンタクトの強さを見せるDF赤谷稜平が抜群の存在感を放つなど、相手の攻撃を封じ込む。だが、ハーフタイムに3人を入れ替えて前線から勢いのある攻守を見せる長崎南山は後半14分、敵陣高い位置でボールを奪い返したMF荒木陽水が左足シュートを決めて1点差。そして27分には抜け出した荒木が再び決めて同点に追いついた。

 長崎南山は29分にもFW林龍哉が決定機を迎えたが、右足シュートを鹿児島城西GK戸田哲平がビッグセーブ。




こんな記事もよく読まれています